コドーニュについて

伝統と革新:長い歴史と伝統を持ちながら、進化を続けるワイナリー

瓶内二次発酵(※)という伝統製法で造られるスパークリングワイン、スペインの「カバ」とフランスの「シャンパーニュ(シャンパン)」。これらの最も大きな違いは、産地の違いです。カバはスペインのカタルーニャ州を中心に造られ、シャンパーニュはフランスのシャンパーニュ地方で造られます。スペインのカバの歴史は、1872年、コドーニュ一族のホセ・ラベントスが、シャンパーニュで学んだ技術と醸造機器を故郷へ持ち帰り、スペインの伝統ブドウ品種を用いて製造に成功したことに始まります。カバの歴史はまさにコドーニュとともにあります。伝統と革新に裏打ちされた味わいをぜひお愉しみ下さい。
※瓶内で、ブドウの糖分が酵母の働きでアルコールと二酸化炭素に分解される発酵。瓶内に閉じ込められた二酸化炭素は、美しいワインの泡立ちとなります。

コドーニュとは

ワイン産地について

ワインの特長

ユニークな魅力

関連リンク