ホワイトエールとヨーグルトの組み合わせ?DRINXスタッフがオススメする夏のお酒の愉しみ方

2019.07.18

夏本番を間近に控え、冷たいお酒がおいしくなる季節になりました。今年は少し飲み方を変えて夏のお酒を愉しんでみませんか?今回はDRINXメンバー3人から、実際に自宅で実践している夏のお酒の愉しみ方をお届けします。


プロフィール

DRINXのクラフトビール担当。
クラフトビールはもちろんのこと、日本酒やハイボールも嗜む。一番好きなペアリングは「シナモンクッキー×グランドキリン IPA」。最近のマイブームは動画配信サービスを見ながらクラフトビールとスイーツのペアリングを楽しむこと。


伊藤

DRINXでは主にワインと一部ウイスキーを担当。
色々なお酒を楽しむのが好きだが、最近はウイスキーの勉強がてらおいしいハイボールを探し中。先日高級コンビーフをもらったので、どのお酒と合わせてどうやって食べるかを考えるのが目下の楽しみ。


丹尾

DRINXでは主にウイスキーと一部ワインを担当。
お酒は何でもマルチに楽しむが、最近のお気に入りはシェリー。イワシの酢漬けとのペアリングにハマっている。釣りとボードゲームを愛する草食系。


夏バテで何もしたくないときに。ホワイトエール×ヨーグルト(柳)

まずは、ビール担当の柳から、夏のオススメのビールの愉しみ方をお届けします。

暑い夏。仕事から帰っておつまみを作るのも面倒です。スーパーのお惣菜で簡単にすまそうか、でも油ものは重いな、とは言えなにか食べながら飲みたい…こんな風に悩みながら家に帰る人は多いのではないでしょうか。

そんな時にオススメしたいのが、「グランドキリン WHITE ALE(ホワイトエール)」とヨーグルトの組み合わせ。意外でしょう?「ビールにヨーグルトが合うわけがない」と僕も最初は思っていましたが、試して「あれ?なにこれ?合う!」とあっさり常識が崩れました。

爽やかでやわらかい口当たりのホワイトエールは、夏バテ気味の気分を優しくほどいてくれます。そこにヨーグルト。ホワイトエールの白ワインのような爽やかな香りが、ヨーグルトの滑らかな酸味とクリーミーさを包みこんで何とも言えない華やかな味わいになります。

たとえるなら、まるで滑らかなモッツァレラチーズとスパークリングワインを味わっているような、そんな感覚。僕にとって、暑いときの1杯目として至福のひとときなのです。

さらに調理時間はほぼゼロ!家の冷蔵庫にヨーグルトとホワイトエールを入れておくだけです。まさかヨーグルトがこんな幸せなおつまみになるなんて…。ありがとう、ホワイトエール!ありがとう、ヨーグルト!と感謝したくなる組み合わせです。

いつものワインを涼しげに。ロックワイン×牛肉の甘辛炒め(伊藤)

ヨーグルトにホワイトエール。なんとも面白い組み合わせですね。ここからはワイン担当の伊藤がオススメのワインの愉しみ方をお届けします。

個人的に、夏のお酒はちょっと涼しくなってきた夕方から屋外で飲むのが好きです。ビアガーデンで飲むビールもおいしいのですが、お家だったらベランダや窓辺でおかずをおともにお酒を飲んでいたい。

そんな時にオススメが「ロックワイン」。ロゼか軽めの赤ワインをセレクトしましょう。私はいつもタンブラータイプのワイングラスに氷を入れて愉しんでいます。

合わせる料理は牛肉の甘辛炒め。暑い時期にはスタミナのあるお肉を食べたくなるものですよね。醤油と砂糖とお酒で味付けした牛のバラ肉を甘辛く炒めて、少し濃いめの味付けに。

もう少し甘い味付けにするなら、合わせるワインは赤にして、少し甘いものか、果実味が強いものを合わせるのもいいでしょう。スパイシーな味付けにするなら、ぜひロゼを合わせてみてください。

旬の野菜を夏らしく。ティオ・ペペ×トウモロコシのフリット(丹尾)

ロックワイン、良いですよね。甘辛炒めを見ていたらお腹が空いてきました。さて、最後に丹尾の夏のお酒の愉しみ方をご紹介します。

私のお酒の愉しみは、その季節ならではの旬の食材とお酒のペアリング。今回オススメする「夏の旬」はとうもろこしのフリットです。これにシェリー酒の「ティオ・ペペ」を合わせます。

とうもろこしの甘くて何とも言えない香ばしい香りは食欲をそそります。この時期なら水分も多いですから、揚げてもジューシーなままいただけます。

揚げたてのとうもろこしのフリットに多めの塩を振って、よく冷やしたティオ・ペペを合わせる。これがもう、最高に合う。シェリーは塩味と相性が良いんですね。だから塩味が欲しくなる暑い季節には、ピッタリの愉しみ方と言えます。

衣にアオサノリをいれるのもオススメです。塩に磯っぽさが足されて、よりシェリーに合います。さわやかな後味にしたいならミツバやパクチーもいいと思います。

夏に揚げ物を自宅でするのはちょっと気が引けてしまうかもしれません。ただ私としては、「暑い暑い」と言いながら料理した後に飲むお酒は、不思議とより一層おいしく感じられるんですよね。

ちょっとしたアレンジで夏のお酒を愉しく

DRINXメンバーから夏のお酒の愉しみ方をご紹介しました。暑い季節だからこそちょっとしたアレンジで、肩の力を抜いて愉しみたいもの。ぜひ夏ならではのお酒の愉しみ方を見つけてみてくださいね。

イラスト:WORLD1作家るつ

この記事の関連商品