スウィーツが引き出すウイスキーの香り

2017.09.14

ゆっくりと香りや味わいを愉しむお酒、ウイスキー。映画やドラマでも、ウイスキーのロックグラスをゆっくりと手の中で転がしたりと、シックで大人な雰囲気で描かれることも多いため、少し敷居の高いお酒だと思っている方も少なくないのではないでしょうか。 実は、甘く香ばしい香りや味わいを愉しむウイスキーには、スウィーツが合うのをご存知ですか? 香りや味わいが合うだけではなく、どちらもゆったりとした時間を過ごしたいときにあると、豊かな気持ちになれるという共通点もあります。 今回は、モルトウイスキーとグレーンウイスキーにそれぞれ合う、スウィーツとのペアリングをご紹介します。

“骨格を構成するモルト”、“華やかに包むグレーン”2種類の原酒

ウイスキーには、大きく分けて「モルトウイスキー」と「グレーンウイスキー」の2種類があります。原料や製法が違い、それぞれに個性をもっています。

モルトウイスキーの風味は強い個性をもつため、ラウドスピリッツ(声高な蒸留酒)と呼ばれています。ビールをよく飲む方は、モルトと言えばビールを想像されるかもしれませんが、モルトの香ばしい香りを愉しめるのはビールだけではありません。モルトウイスキーの原料はビールと同じ、大麦麦芽。これを発酵させ、ポットスチルという単式蒸留釜で2回蒸留してつくります。

一方のグレーンウイスキーは穏やかな風味のため、サイレントスピリッツ(静かな蒸留酒)と呼ばれています。原料は、トウモロコシや小麦などの穀類と、麦芽。それらを発酵させ、連続式蒸留機で蒸留してつくります。

どちらもオーク樽などの木樽でゆっくりと熟成させます。

ウイスキーの原酒が2種類ある理由は、一般的には、香味に骨格のあるモルトウイスキーと、穏やかな味わいと華やかな香りのグレーンウイスキーをブレンドさせることで、目指す香味を実現するため。グレーンは、モルトの特徴を引き立たせつつ、全体を香りで包んで、まろやかな味わいのウイスキーにしてくれるのです。

一方、ブレンドを行わないウイスキーも存在し、モルトとグレーンそれぞれの個性をより愉しむことができます。また、ブレンドしたウイスキーのことを「ブレンデッドウイスキー」と呼ぶのに対し、モルトのみを使用し、単一の蒸溜所で造られたウイスキーを「シングルモルト」、グレーンのみを使用し、単一の蒸溜所で造られたウイスキーを「シングルグレーン」と呼びます。

甘い香りとビターの融合、モルトとチョコのマリアージュ

ウイスキーに合うスウィーツとして、チョコレートはよく知られているかもしれません。今回用意したのは、Blender’s Choice シングルモルトウイスキー。甘い香りに加えて、香ばしくスモーキーな香りも愉しいモルトウイスキーに、ビターチョコレートがよく合います。

カカオの風味の存在感がより強いビターチョコレートをかじりながらウイスキーを傾ければ、甘い香りとビターな酸味が口の中で広がります。

例えば「green bean to bar CHOCOLATE」のチョコレートは、ビターな風味の中にカカオ豆の産地によって異なる個性、ハーブや、スモーキーな香りが感じられるものもあります。そのような香りのするものは、ウイスキーとチョコレートの複雑な香りと味わいのマリアージュを、より愉しむことができます。

ウイスキーを冷やしすぎると、チョコレートが口の中で固まってしまうこともあります。そのため、チョコレートの口どけを愉しみたい場合は、ウイスキーの香りや味わいが華やかに広がるトワイスアップ(1:1の水割り)でも、また違った愉しみ方ができます。

華やかな香りの組み合わせ、グレーンと和菓子のマリアージュ

フルーティな香りで、はちみつや花のような香りも感じられるグレーンウイスキー。今回用意したBlender’s Choice シングルグレーンウイスキーには、優しい甘さで上品な香りのする和菓子やドライフルーツ、カステラなどがおすすめです。

ウイスキーの愉しみ方のひとつは「香りを愉しむこと」。ペアリングするスウィーツを選ぶひとつのポイントとして、似た香りや風味のものを選ぶという方法があります。

例えば、シトラスの香りが口いっぱいに広がる柑橘ののった「黒船」のカステラと合わせたり、フレッシュな香りのする「アラカルト」のドライフルーツを合わせたり。スウィーツとグレーンそれぞれの華やかな香りや甘さが交わることによって、お互いの良さが引き出されるのを感じることができます。

穏やかな味わいのグレーンには、日本の情緒が感じられる「大文字」の黄身しぐれのような、やさしい甘みの和菓子とのマリアージュもおすすめです。
一般的にはサイレントスピリッツと呼ばれ、穏やかさが特徴のグレーンウイスキーですが、造り方によって、豊かな味わいや驚くほどの多彩さをみせてくれます。

<まとめ>
ウイスキーの特徴がわかると、愉しみ方の幅も広がります。

グラスの中できれいな黄金色に輝くウイスキーと、氷がゆっくりと溶けていく様子を楽しむこともできれば、好きなスウィーツと合うかを試してみたり。

家族や友人と好きなスウィーツを持ち寄って、ウイスキーとのペアリングを試してみるのも、さまざまな味が愉しめて良いかもしれません。

ゆったりと過ごせる時間に、自分なりのウイスキーとスウィーツのマリアージュを探してみませんか。

取材協力

green bean to bar CHOCOLATE

黒船

アラカルト

大文字(だいもんじ)
東京都目黒区自由が丘1丁目27-2 自由が丘ひかり街 1F

オススメの商品