新米ブリュワーに聞く、飲み手とつくり手が一緒につくる『USB #3』

2017.09.07

「あんなビールが飲みたい」、「こんなビールがあったら、家でのビールの時間がもっと豊かなものになるのにな」なんて、ビールを飲みながらふと思ったことはありませんか。ひとりのビール好きとして、自分の声が反映されたビールがあったら、いつもの晩酌もより贅沢なものになるかもしれません。実は今、SPRING VALLEY BREWERY(以下、SVB)では、お客様と一緒になって取り組む、新しいビールづくりが始まっています。今回は、開発真っ只中の『USB #3』について、ヘッドブリュワーの三浦 太浩さんにお話を聞いてきました。

『USB #3』は“苦味”に変わる、新たな挑戦

限定商品としてではなく、SVBの定番ビールにすべく開発が進んでいる『USB #3』(※1)。これまで定番としてつくってきた商品と、何が違い、どういった経緯で開発されてきたのか三浦さんにお伺いしてみると、「ビールが苦手な人の理由として“苦味”というのがあると思います。そこで、いつもSVBのビールを飲んでくれているお客様と一緒にビールの“苦味”に頼らずに、杯を重ねても飲み飽きない新しい商品をつくりたいと思ったのがきっかけです」と。

『USB #3』の開発は、DRINXで募集しているSVBのコミュニティ、“CLUB SVB”の皆さんとSVBのメンバーが一緒になって行なっているのです。

実は『USB』をプロトタイプ(※2)として開発するのは今年に入って 3 回目。その 3 回とも、飲み手とつくり手が一緒になって苦味に変わる新たなあるテーマに挑戦してきました。

※1 日本の酒税法上の区分では発泡酒
※2 試作品

“日本らしいクラフトビール”という大きなテーマへのひとつの答え

『USB』の由来を聞くと、USBは Umami Session Brown の略。まだプロトタイプなので仮の名前ではありますが、そこには日本人が発見した第五の味である“旨味”を感じられるビールにしたいという意味が込められています。

ビールといったら、確かに苦味のイメージを持つ人も多そうなところですが、なぜ今、旨味なのか、という問いに対しては、

三浦:
「これまでのSVBの商品開発の中で“日本らしいクラフトビールとは何か”をずっと模索してきました。単純に和素材を使ったりするのではなく、“日本人の繊細な味覚に合った、細やかなバランスの味わい”を目指し、日本人らしい繊細なモノづくりをすることがひとつの答えなのではと思い開発を始めました。」
とのこと。

旨味というと“出汁”を思い浮かべますが、今回素材に選んだのは“ほうじ茶”。今年に入り開発を重ねてきたプロトタイプの 1 回目は素材として昆布を、 2 回目は煎り玄米を選んで開発してきました。

三浦:
「はじめは旨味と聞いて日本人なら誰もが意識をしやすい、出汁に使われる素材として昆布を使ってみたのですが、CLUB SVBのメンバーから、飲みながら昆布の味や香りを探してもそれが分かりにくい、といった声が上がりました。 2 回目、 3 回目ではローストした麦芽の心地よい香りや旨味に着目し、開発を進めてきました。」

ずっと大事にしてきた、“共に創る”ということ。

飲み手となるお客様と一緒につくるという意味の“共創”。SVBはブランドがスタートした当初からそれを大事にしてきました。その頃からの定番商品である『496』や『COPELAND』なども実はプロトタイプをお客様に飲んでいただいて、声を反映しながらつくったビール。ブランドとしてずっと大切にしてきた“共に創る”ことについてもお伺いしてみました。

三浦:
「直接お客様に感想を聴くことができるのは、ブリュワーにとってとても貴重な機会です。これまで全国販売のナショナルブランドを造っているときには、なかなか多くのお客様と直接対話をしながらビール造りをするのは難しいものでした。直接お声を聴いてそれを次の一手に活かせることは有意義ですし、独りよがりにならない開発ができると思います。

またお客様にとっても、受け身で飲むだけではなく、ブリュワーと同じ方向を向いてビールをつくることに関わって、よりビールを好きになっていただけたら、ビールの奥深い世界を覗いていただけたらと思っています。」

三浦:
「いろんな意見を味として取り込むことに関しては、ブリュワーとしての自分のやりたいことがぶれないようにしながらもみなさんの意見を取り込むということの難しさはありました。でも、ワークショップを通して CLUB SVB の方に飲んでいただく中で、直接寄せてもらえる声や、目の前で飲んでいるときの表情など間近で見られるのは、自分が感じていることとの答え合わせをするような感覚ですね。」

飲み手と一緒に発信する、日本らしいクラフトビール

日本らしいクラフトビールとは何か、という模索の中から開発が進んでいる今回の 『USB #3』。
「JAPANESE CRAFT BEERを世界に向けて発信したいという想いがあるので、それを日本のビールを愛する人たちと一緒に造り上げていくのは壮大でワクワクする取り組み」だとも言います。

つくり手ではあるものの、誰よりもビールが好きなひとりの飲み手でもある三浦さん。そんなビール愛をたくさんの飲み手と共有しながら新しいビール開発に取り組む様子は、ブルワリーとお客さんという枠組みを超え、“仲間”や“同志”という言葉の方がしっくりくるような気がしました。

DRINXで発売中の『USB #3』はまだ素材選びの段階。この後もお客様に飲んでいただいた声を糧に開発は続きます。「直近のゴールに向かって意見をすり合わせて新しい商品をつくるというよりは、何度もテストを繰り返す開発を、長い目線で一緒に楽しんでいただけたら」とも話していました。今後の『USB』がどうなっていくのか、ぜひ楽しみにしていただければと思います。

オススメの商品