「一番搾り 超芳醇」と「一番搾り」を飲み比べて実感!2つのビールのおいしさとは?

2018.06.07

新発売の「一番搾り 超芳醇」と、定番商品の「一番搾り」を、ビアソムリエ協会理事の山上昌弘さんと、日頃からキリンビールファンだというモデルの石井里奈さんに飲み比べていただきました。解説は、「一番搾り」の開発を担当している、キリンビールの稲葉貴章さんです。

未体験の芳醇さとすっきりした後味

稲葉さん(以下、敬称略):まずは新発売の「一番搾り 超芳醇」を召しあがってみてください。

山上さん(以下、敬称略):いやぁ、驚きましたね。まさに“超”芳醇!従来の「一番搾り」とは全く異なりますね。「一番搾り」はもう一口飲みたくなる、飲み飽きない味わいに重点が置かれています。一方、「一番搾り 超芳醇」は飲みごたえがありながらも、すっきりと飲みやすい印象ですね。飲み終えた後、鼻からフワッと抜ける香りに、アルコール度数6%とは思えないほどの広がりを感じました。

石井さん(以下、敬称略):開けた瞬間の香りは感動的です!もっと重い感じがするかと思っていましたが、濃厚な感じもありつつ、後味はさっぱり。ビール女子はたくさん飲みたいというよりは、おいしいビールをじっくり愉しみたい人も多いと思うので、この香りの華やかさや飲みやすさは嬉しいですね。

稲葉:ありがとうございます。通常の「一番搾り」よりも高濃度の麦汁で醸造することによって、酵母が生み出す香気がより華やかになるため、フルーティーな味わいを感じられると思います。しかし、濃く芳醇な味わいのビールを目指すと、同時に渋味や雑味も増しやすく、重たい味わいになってしまいがちですが、“一番搾り®製法”を使用することで濃い味ながら後味はすっきりとする味わいに挑戦しました。

麦の旨味を贅沢に生かす「一番搾り®製法」

山上:「一番搾り」は一番搾り麦汁だけを使用しているので、一番出汁を使ったお吸い物や、上質な煎茶の一煎目のような印象で、麦汁に渋味が少なくエッセンスの部分だけギュッと凝縮したクリーンで繊細な味わいが特長的ですね。それは「一番搾り 超芳醇」も同じで、濃厚なのに味わいがクリーン。しかも、これだけ透明感がありながらモルト(麦)の風味で芳醇さを感じさせるところが非常に面白いですね。

稲葉:ありがとうございます。「一番搾り」も「一番搾り 超芳醇」も、その名の由来となった“一番搾り®製法”でつくっています。麦芽に含まれる雑味や渋味が少ない一番搾り麦汁だけを使用することで、麦の旨味が詰まった贅沢な味わいに仕上がります。さらに、「一番搾り 超芳醇」では同じ一番搾り麦汁を高濃度で使用することによって、濃厚で芳醇なのに、すっきりとした後味を両立させました。

山上:最近は世界のビール市場でも、ホップの香りを利かせてフルーティーさやフラワリーな香りを強くするのがトレンドですが、モルト(麦)だけでこの芳醇さを出していることに驚きとともに新鮮さを感じます。ビールを好む通な人たちは麦芽の味がしっかりしているものを好む傾向がありますので、「一番搾り 超芳醇」はそんな層にも支持されるでしょうね。

シーンを選ばない「一番搾り」のバランス感

稲葉:続いては、「一番搾り」を召しあがってみてください。

石井:やっぱりいつもの「一番搾り」って、後味がすっきりして飲みやすいですね!

山上:のどごしだけでなく、口に入れた瞬間からずっとスムースなビールですよね。上質な麦の風味で飲み応えもしっかりと出している。飲みやすすぎても印象に残らないし、個性を出し過ぎても飲みにくくなってしまうので、そのバランスが絶妙ですね。

石井:普段よく飲んでいるホワイトエールと比べて「一番搾り」はさっぱりしてキレがあるので、夏場に飲みたくなりますね。餃子にも合うし、ビールに合うものを食べながら一緒に飲みたいです。「一番搾り 超芳醇」は香りの良さをじっくり愉しみたいので、おつまみ無しでも味わってみたいかも(笑)。

山上:さすがビール女子ですね(笑)。ピルスナータイプの中でも、ゴールデンカラーで心地よい苦みがある「一番搾り」のようなビールは、どんな料理にも合わせやすい。口の中をリフレッシュしてくれるので、飲み進める中でも一口目のおいしさを持続してくれます。「一番搾り 超芳醇」はよりボディがしっかりしているので、鶏のから揚げや味噌焼きなど同じようなボディ感のある料理がおすすめです。例えば、鮎の塩焼きに「一番搾り」はもちろん合いますが、はらわたの部分に「一番搾り 超芳醇」を合わせると、マリアージュでさらにふくよかな味わいになると思います。

稲葉:鋭いところを突いていただけて嬉しいです。「一番搾り」というのは、毎日の食卓に合うようなオールマイティーなビールを、「一番搾り 超芳醇」はしっかり濃い味わいを目指したので、ビール単体でも、濃い味わいのお食事にも合うというのは私も同感です。その日の気分や食事に合わせて選んでいただけたらと思います。

「一番搾り」と「一番搾り 超芳醇」に通ずる上質な味わい

稲葉:ふたつの商品を飲み比べていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

石井:実際に飲み比べをするのは初めての経験で、同じ「一番搾り」でもこんなに味わいや、濃さ、香りにも個性があることに驚きました。今だけの味わいの「一番搾り 超芳醇」を愉しみつつ、デイリーには「一番搾り」を選びたいですね。

山上:「一番搾り」は以前から飲んでいましたが、「一番搾り 超芳醇」と飲み比べることによって、どちらのビールにも通ずる一番搾り麦汁のクリーンで繊細なおいしさ、上質な味わいをより感じられた気がしました。

稲葉:なるほど。お2人ともふたつのおいしさを気に入っていただけたようで何よりです。「一番搾り 超芳醇」がつくれたのも、すべては「一番搾り」を丹念につくり続けた賜物です。ぜひこれからも「一番搾り」をよろしくお願いします。

オススメの商品